インタビュー グルメ 一番のおすすめ 九度山町

秘密基地のような店構え!九度山町にあるグラタン専門店【グラタンカフェ】有馬さんにインタビュー

Featured Video Play Icon

地下にあるお店なのに、川が見える。秘密基地のようなワクワクするようなお店、グラタン専門店【グラタンカフェ】のオーナー、有馬さんにインタビューしてきました。

Q 九度山町に来たきっかけは?

家族で広島に住んでいたんですが、妻の実家が九度山だったんです。もともと職業がカメラ写真スタジオをしていたんですが、妻方の父親に「大阪に近い方が仕事はいっぱいあって面白いんじゃないか」ということで一度、九度山に来た時に景色に感動してしまい、すぐに九度山に住もうと決めて家族みんなで引っ越してきました。

Q 秘密基地のような特徴のあるお店ですね

写真スタジオとしてテナントを探していたんですが、なかなか良い物件が見つからず大家さんに「ほかに面白い物件はないですか?」と尋ねたところ、店舗はないが倉庫はあるって言われたので、見せていただいたのがここだったんですね。もう本当に何もない、がらんとした空間の倉庫だったんですけども、地下なのに清流が眺められる、【これは面白いな!】ということで、ガラスとかも変えて自分でやりたいように作ってみようということで趣味だったDIYで床作ったり壁を作ったりとか、そういう形で約4ヶ月ぐらいかけて店内を自由に落書きしたりとかいろいろして作らせてもらいました

Q お店の名前がないですよね?

【グラタンカフェなんとか】ってよくあると思うんですが、この店の場合はカテゴリーとしたらグラタン専門店です。それをカテゴリーをもう名前にしまった方が面白いかなと、分かり易いですし。「ありま」ってお店の名前だと誰も分からないんで。グラタンカフェをそのままカテゴリをネームネーミングにしました

Q どんなお客様が来られてますか?

オープン当初は身近な方が多かったのかなという気がするんです。けれども今は先ほど言いましたグラタンカフェというカテゴリーを名前にした結果、良かったのかは分からないんですけれども、神戸大阪のお客様がすごく多くなって、この九度山という地域がちょっとした観光地ということもあるので、観光帰りにグラタンを食べて帰ろうかという感じで来られる方が多いです。

Q お店の特徴を教えてください

普通飲食店というのはグラタンが何種類、ピザが何種類かという形でいろいろしていくと思うんです。パスタ専門店だとたくさんのパスタを選べるし、ピザ専門店も相当の種類があります。グラタン専門だと想像つかなかったんですけど、逆にあえてそれをしようと思いました。グラタンの種類を増やして、そして尚且つ月に1回メニューを変えていこうと。メニューを変えるとデザインしてもらって撮影して印刷してって大変だったんですけど、たまたまそれをウチの得意分野な部分があったので、全部内部でできました。だからこそ、スムーズにメニューを月に1回変えることも出来て、毎月楽しみに来ていただいている常連さんもいます。

Q グラタン以外にメニューはありますか?

基本ホワイトソースをベースで作って焼いているものを、ここではグラタンという言い方をしています。そのグラタンのホワイトソースの中に2種類用意していましてペンネリガーゼというペンネを入れたもの、そしてごはんの方がいいという場合はドリアという形で、提供しています。

Q ランチ以外は営業しているのでしょうか?

オープン当初からランチしかしていないんですね、それは単純にデザインとか撮影スタジオを併設しているので、昼のおランチ時が終わったら、一気に服も着替えてパソコンに向かうというルーティーンがあったので、夜を営業したくないということではなく、出来なかったという状況です。

Q 九度山町の魅力は?

写真好きな電車小僧だった自分は朝早くからカメラ片手に家を出発して、早朝を走るブルートレインとかそういうのを撮影に行っていたんです。そういう意味で電車がちょっと好きというのもあるんですけれども、この九度山の谷間を歴史のある鉄道が鉄の音を鳴らしながら走り、そして川のせせらぎが聞こえる大自然。そういうところに魅了させるというか。それとちょっと山の方に上がっていきますと、今だに夕方4時ぐらいから民家から煙がどんどん出すんですよ。お風呂を焚いているんですね。普通はこんな風景見られないなって、カメラマン魂が沸騰するというかカメラ持って写真を撮ったり、薪を焚いているところを撮ったりとか、そういうのがとにかく楽しくて、何かいろいろなものが融合している街だなって思いました

Q 今後の目標はありますか?

今、現在ランチしかしていないんですね。でも、やはりいまだに「夜やっていないの?」というお声がたくさんいただいてます。なのでせっかくだったら夜もやってみたいなと最近ちょっと思っていまして、上手に時間を組み立てたらデザインの仕事とも共有できるかなと思っているんですけれども、ランチが終わったら14時位から17時までティータイムという形でクリームソーダとか、懐かしの純喫茶的なナポリタンスパゲティとかを提供して、17時から20時位までをディナータイムでラザニア専門とそしてちょっとフレンチラーメンなどをやってみたいなって思っています。たまたまですけれど来年の8月で10周年になりますので10周年に向けて3部構成をやりたいなってちょっと最近ワクワクしてます。

Q 最後に

観光に来て旅行に来て高野山の帰りとかそういったときに、再度この景色をしっかり焼き付けてそしておいしいグラタンで満足していただいて帰っていただきたいですね。

グラタンカフェの情報

  • グラタンカフェ
  • 営業時間 月・火・水・金・・・ 10:30~14:30ラストオーダー 
  • 営業時間 土・日・祝祭日・・・ 11:00~14:30ラストオーダー
  • 定休日 木曜日(祝日の際は営業)

MAP

 和歌山県伊都郡九度山町九度山1314

-インタビュー, グルメ, 一番のおすすめ, 九度山町
-, , , ,

Copyright© 高野回道 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.