伊都黄昏日誌

コラム 伊都黄昏日誌 橋本市

彦太郎の伊都黄昏日誌 第二話「1970年代、橋本駅周辺には活気があった」

2021/5/5

「おい!なんもないんかーい!」と高野山詣で途中の外国人旅行者が雄叫んでいるのが目に浮かぶことでおなじみの和歌山県橋本市のメイン駅・橋本駅。ですが、1970年代は非常に活気がありました。今回はその思い出をちょっとエッチな体験と共につづります。

コラム 伊都黄昏日誌 橋本市

彦太郎の伊都黄昏日誌 第一話「おっさんの高野回道始動」

2021/4/28

みなさまはじめまして、彦太郎です。昭和42年生まれの現在53歳。生まれ育った橋本とその周りの魅力を微力ながら発信出来ればと思いコラムを書かせて頂くことになりました。

Copyright© 高野回道 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.